■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: フレドリク・リュングベリ
09~10Ver選手カード使用感。

今回はリュングベリ (05~06)


以下続き




フレドリク・リュングベリ 05~06 ■ No.10 アーセナル

 ポジション MF
 身長 1m76cm
 体重 75kg
 国籍 スウェーデン
 能力値 15・11・16・14・17・18 (91)
 スキル ムービングスナイパー
 連携グループ I
 チームスタイル ムービングパスワーク

1.選手概要
 ハイスピードランと無尽蔵のスタミナでピッチを駆けるマルチアタッカー。
 中盤のチャンスメイカーに必要とされるスキル全てを兼ね備えつつ、それらを連携と
 ダイナミックなオフザボールの中に融合させている。
 自身の得点力も高く、アタッカーとして常に前線に飛び出す機会を伺う傍ら、守勢時には
 献身的なプレスでチームに活力を与える。

 適正ポジションは両サイドの攻撃的な位置と、セカンドトップ、あるいはトップ下。
 中盤より上の攻撃的なポジションならどこでもこなすことができる。
 視野の広さや運動量、守備力もあるのでセンターハーフとしても優秀。

2.個々の能力は優れているが・・・
 スピーディで破壊力のあるドリブル突破、低く鋭く正確なクロス、といった要素を
 見ればウインガーとしての働きを期待してしまう。
 しかしながら、ひとつひとつのプレー選択には癖があり、単純なサイドアタッカーとして
 ライン際を上下するような動きを好まない。

 サイドで受けたパスを素早くはたいて飛び出したり、中央を伺える位置でボールを
 引き出したりと動きの幅が広く、使い使われの関係がめまぐるしく入れ替わるような
 展開を引き出そうとする。
 当然ながら、パスを叩いて折り返しがもらえないようなチームだと、そのまま攻撃から
 消えてしまうことも珍しくはない。
 個としての性能を完全に引き出すためには、周囲の選手にも広範な能力と柔軟な
 判断力が必要となってくる。

3.最も目立つのはパス能力の高さ
 実のところ、最も目立つのはパス能力の高さ。
 ショートパスを正確に振り分けて攻めの起点となったり、スピードに乗ったドリブルから
 ストッパーの裏へスルーパスを通したり、といったプレーが得意。
 連携を使った崩しも好み、速い展開の中から左右へ中継したりと視野の広さも感じる。
 時折、浅めの位置からのロングスルーパスも見せるなど、長短を問わないパスセンスで
 味方の得点力を引き出し、アシスト記録を積み上げていく。

4.次いで得点力
 ストライカー的な動き出しこそ無いが、二列目のアタッカーとして得点力は申し分ない。
 パス交換の中からシュートレンジの内側まで飛び込む動きが得意で、持ち前のスピードを
 生かして積極的に、かつタイミング良く仕掛けていく。

 ボールを受けてからフィニッシュに至る一連の流れの質も高く、小さいトラップから
 一瞬のフリーを逃さずゴール隅を狙い打つ。
 シュートもキーパーを迂回するような技巧は見られないものの、両足からシンプルで
 正確なシュートを打てるので得点効率は高い。
 ドリブルによる独力での打開力も高いので、パスを出せず囲まれれてしまった状況でも、
 切り返しを交えた強引な突破からゴールを狙うこともできる。
 
 

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 15:31:51 | Trackback(0) | Comments(4)
コメント
ありがとうございました
リクエストを出したものです。センターハーフでも機能するんですね。今度、試してみます。

うまく輝かせていないのは私の操作に問題があるんですね。もっと精進して腕を上げます。

配置や操作ボタンの使い方を調整してみます。


どうしてもアンリとピレスが中心になるんですよね…。
2010-12-31 金 21:34:38 | URL | ガナサポ [編集]
タイムリーな選手選考となりましたね。

パスがうまく、飛び出してからの得点に優れ、献身的な守備を見せる、という特徴を聞くとWCCFにおいては理想的なトップ下、という印象を受けますが、正しいのでしょうか?
2010-12-31 金 21:39:45 | URL | 旭爺 [編集]
来ましたね
以前にも輝いたバージョンがありましたが、今回また輝いているなぁと感じる選手の一人です。
自分では何の絡みもないため、使う機会がないでいるのですが…。
初めて知った時に、意外に背が低いのに驚きました。
2010-12-31 金 22:33:02 | URL | 初 [編集]
サイドに配する場合、一度中央に預けた後、折り返しを受けるような使い方をすると
決定的な働きをできる機会は増えると思います。
人選次第によっては、それをサイドバックが受けてしまうこともありますが、そことも
絡めるとなお面白くなるはずです。

サイド以外ですと、セカンドトップで良かった印象があります。
今回、得点に良く結びつくのはショートパスですし、得点力も申し分なしでした。
このポジションの選手でこれほどのスタミナを持った選手もなかなかいないので、
フル出場が期待できる点、終盤の勝負強さなどもいい感じです。
2011-01-02 日 21:49:24 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。