■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: アドリアン・ムトゥ
09~10Ver選手カード使用感。

今回はムトゥ (02~03)


以下続き




エイドリアン・ムトゥ 02~03 ■ No.192 パルマ

 ポジション FW
 身長 1m80cm
 体重 74kg
 国籍 ルーマニア
 能力値 18・5・17・12・18・14 (84)
 スキル 躍動的なドリブル突破
 連携グループ J
 チームスタイル ドリブル突破


1.選手概要
 奔放でエゴイスティックなテクニシャン。
 ひとたびボールを持てば仕掛けずにいられないタイプだが、そのスピード感あふれる
 躍動的なドリブル突破はチームに多くの決定機をもたらす。
 周囲との調和は苦手だが、独力で打開する個としての能力は極めて高い。

 適正ポジションは左サイドと中央のフォワード。
 ウイングとストライカー、そのふたつの役割を極めて高いレベルでこなす。

2.個としての能力
 オフザボールで崩す意識は低く、裏やギャップを狙った動き出しも少ない。
 前線でボールを受け取る際には大抵マークを背負っている。
 それでもこの状態から決定的な仕事ができるのは、抜群のボールコントロールと
 ボディシェイプを備えているから。

 特に胸トラップは絶妙で、背後からのパスを半身で受けつつコースに流して前を向き、
 その直後には一歩目から急加速してマークを振り切ってしまう。
 足元に入ったボールには寄せをすり抜けながらの反転、横への持ち出しで対処するが、
 吸い付くようなボールタッチとプレースピードの速さでもたつくディフェンスを
 寄せ付けない。

 ドリブルをはじめれば、細かいタッチとフェイントを交えてディフェンスを翻弄。
 スピード勝負も得意だが、好調時には狭いスペースにもコースを見出すセンスで
 複数を相手にしてもすり抜けていってしまう。
 シュート能力も極めて高く、特に右足でコンパクトに振りぬくミドルは絶品。
 低く鋭い、地を這うような弾道を描いてゴール隅へと突き刺さる。

3.ウイングとして
 連携の意識は希薄だが、自らドリブル持ち込んで内に外にと抜いていく形は得意で、
 サイドに張らせても質の高い仕事ができる。
 縦に深く抉れば満足するらしく、そこからは低めの鋭いクロスでアシストを供給。
 いくつかタイミングのバリエーションがあり、左右の足からピンポイントの
 クロスを上げて中央の得点力を引き出していく。
 サイドでもドリブルありきのスタイルは変わらないもの、逆サイドからの攻撃に
 ファーで受ければファーストタッチで鋭い切込みを披露。
 ワイドな位置からも狙えるミドルを武器に、自身の得点チャンスも見逃さない。

4.課題
 最大の課題は調子の波が激しいことと、不調がやや長引く傾向にあること。
 不調時には競り負けが目立つようになり、得意のボールコントロールにも冴えが
 見られなくなってしまう。
 またスタミナも豊富とは言いがたく、後半途中には大抵足が止まってしまう。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 18:08:50 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
フィオレンティーナ選抜で使ってますが
左右問わないシュート力と精度には目を見張るものがあります
高さはさほどではないもののヘディングも強烈で
ストライカーとしては申し分ないですね。
ただウイングとして使う場合はハイクロスがあまり上手くないので
サイドを持ち上がった時は左右の戦術ボタンのみ点灯して
意図的にグラウンダーのクロスを狙わせた方がいいと思います
2011-02-03 木 19:50:10 | URL | [編集]
昔使った05~06版とは結構違うタイプだったので驚きました。
3枚あるカードにそれぞれ個性が強く出るタイプなのかもしれません。
2011-02-04 金 00:49:45 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。