■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: ファビオ・グロッソ
09~10Ver選手カード使用感。

今回はグロッソ (06~07)


以下続き



ファビオ・グロッソ 06~07 □ No.307 インテル

 ポジション DF
 身長 1m90cm
 体重 82kg
 国籍 イタリア
 能力値 14・11・13・16・15・16 (85)
 スキル スプリングリターン
 連携グループ B
 チームスタイル サイドアップダウン


1.選手概要 

 ドイツW杯でラッキーボーイとなり、イタリアに栄冠をもたらした攻撃的サイドバック。
 大柄な体格で競り合いに強いだけでなく、スピードとスタミナも良好な水準で兼ね備えるなど
 身体能力面には群を抜いたものがある。
 積極的な攻撃参加だけでなく、守備に切り替わる局面での帰陣も迅速で、強さと速さを生かした
 精力的なプレーは攻守両面に大きな厚みを加える。
 ここ一番の勝負強さも再現されており、チームに勝利をもたらす印象的なゴールやアシストを
 記録する機会も多い。

 適正ポジションは左サイドバック。
 かつてはサイドハーフもこなす選手だったため、中盤の左サイドでもプレーが可能。


2.抜群の攻撃性能 

 積極的なオーバーラップの意識を備えるが、同時にそれを支える身体能力と技術、戦術眼や
 連携センスなども併せ持ち、総合的な攻撃性能は非常に高い。

 技術面ではドリブルとクロス、ロングキックに光るものを感じる。
 ドリブルは正面を完全に塞がれると厳しいものの、その脇の空いたスペースを縫うようにして
 外に内にとスピード感のある突破を敢行。
 横や背後からの寄せを体の強さで跳ね除け、相手にとって危険なエリアまで迅速にボールを
 運んでチャンスを生み出す。
 クロスは射程と速度に優れるが、元が攻撃的な選手だけ合ってバリエーションも豊富。
 強力な左足のキックを生かしたロングクロスだけでなく、細かい連携から速いタイミングで
 繰り出すショートクロス、守備陣の意表を突くアーリークロスも武器となる。
 深い位置でボールをカットしてからのロングフィード、少し持ち上がってのサイドチェンジも
 持ち合わせ、後方にあっても一振りで敵に脅威を与えることができる。
 
 連携面では使われる形のうまさが目立ち、スピーディかつ抜け目ない動きでディフェンスラインの
 裏を突き、広いスペースを使いながら味方のパスを呼び込んでいく。
 折り返しのパスを求められるような細かい連携より、受けたら自ら仕掛けることを好むタイプで、
 自陣後方からのロングパスやサイドチェンジなど、ダイナミックな展開に走りこむことでも
 突破のチャンスを作り出す。
 スペースに入り込んで、自らドリブルで持ち込んでとフィニッシュの意識も高く、低く鋭く
 突き刺すミドルと角度の無い位置からも決めるシュート精度を兼備。
 大舞台での試合終了間際の決勝点など、なぜか記憶に残るゴールを決めることが多い。


3.守備面の評価 

 連携やポジショニングの細やかさには欠けるが、身体能力と意識の高さを生かした守備は合格点。
 一対一の強さに加え、ややぎこちないながら周囲のカバーリングもしっかりとこなす。
 ぶつかり合っても競り負けない体の強さ、仕掛ける敵の加速に付いていくスピードがあり、
 少々のマークのずれは素早い守備への切り替えで修正、帳消しにしてしまう。
 カウンターで裏を取られることもあるが、必死の長距離ダッシュと執念のスライディングが
 独走状態のアタッカーを止める場面もまた多い。
 アタッカーへのロングボールを跳ね返すヘッドの高さも特徴で、サイドの高さを使って攻める
 タイプに対しては最高の抑えとなる。
 攻撃時にはそれなり、守備時にはかなりと、ゴール前のセットプレー時にも存在感がある。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 13:00:19 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
イタリア(2006年W杯)で使いました。マメーデさんがおっしゃるようにパフォーマンスは攻守に満足のいくプレーを見せてくれましたが、前半でスタミナ不足を指摘される事がよくあったのでその点が少し残念でした。
2011-03-22 火 01:06:21 | URL | 田中太郎 [編集]
蹴らせていたらお聞きしたいのですが、
PK戦での成功率はどういう印象でしょうか?

残スタミナが成功率に深く関与している仕様(と思ってます)のせいか
結構悪い印象があります。現実には比較的得意とされているだけに
ちょっと残念だな・・・と勝手に思っています。
2011-03-22 火 03:02:26 | URL | Masato [編集]
自分の場合、たまにハーフタイムでスタミナを指摘されることもありましたが、そのまま
使いつづけて試合終了まで問題なくやれていた気がします。
PKも割と蹴らせていたんですが、悪いイメージも無いので結構決めていたんではと思います。
2011-03-22 火 19:55:32 | URL | マメーデ [編集]
PKの件ありがとうございました。
となると経験値なんですかね・・・
もうしばらくチェックしてみたいと思います。
2011-03-23 水 02:59:37 | URL | Masato [編集]
返事をしていただきありがとうございます。自分はハーフにスタミナを指摘されたら迷わず交代させていたのでスタミナが足りないと感じましたが、大丈夫のようですね。2006のイタリアのチームは全体的にスタミナ不足気味なので早くカテナチオを発動させれるゃうに頑張りたいです‼
2011-03-23 水 21:29:06 | URL | 田中太郎 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。