■検索フォーム

■過去の使用感はこちらから
■サッカーゲームキング 4月号

付録でEXカードが付いてきます。

■電撃アーケードゲーム 4/13号

■オフィシャルカードバインダー

EXカードが付いてきます

■サーチボックス
■カテゴリー
■最近の記事
■リンク
■プロフィール

マメーデ

Author:マメーデ
このブログはリンクフリーです。

■最近のコメント
■RSSリンクの表示
■FC2カウンター

■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
WCCF選手カード使用感: フェルナンド・トーレス
09~10Ver選手カード使用感。

今回はフェルナンド・トーレス (09~10 SPS)


以下続き



フェルナンド・トーレス 09~10 ☆ SPS-EXT リバプール

 ポジション FW
 身長 1m81cm
 体重 78kg
 国籍 スペイン
 能力値 20・5・17・17・18・14 (91)
 スキル 威風堂々
 連携グループ E
 チームスタイル ペナルティエリア支配

・センターフォワードとして、フィニッシュとポストワークの両面でチームに貢献する。
 対応できる戦術の幅は広めだが、周囲との連携で浮いてしまうと実力が発揮できない感も。

・最大の武器はその身体能力の高さで、中でも一瞬にしてトップに入れる加速力は圧倒的。
 大柄ながらしなやかさもあり、競り合いに強いだけでなくプレースピードにも優れている。
 少々癖はあるがボールテクニックも高水準で、幅広く質の高いプレーの下地となっている。

・スタミナは数値の印象を良い意味で裏切り、試合終盤になっても足が止まることはない。
 その代わりなのか、蓄積疲労のたまりは速い。

・平凡な足元へのパスをトラップミスすることも多いが、こうした反面で動きのあるプレーの
 中から発揮されるテクニックは抜群のものがある。
 止まって足元で受けるよりも、スピードに乗って動きながら受けるほうが得意な印象があり、
 展開の速度を落とさず難しいパスをコントロール技術は素晴らしい。

・ドリブルはスピードを生かしてスペースへ持ち出すタイプ。
 正面をふさがれても勝負できる足技はあるものの、守備網の間隙を狙ってスプリント勝負を
 挑んでいく形を好む印象が強い。
 中央を固められていると見れば、サイドに流れるドリブルでチャンスメイクにシフトできる。
 開きながら寄せを振り切る一連の流れはスムーズで、鈍足のディフェンダーはただ無策に
 つり出されるだけの結果となる。
 
・シュートレンジの広さに、難しい角度からもゴールの枠を捉えるシュートコントロール。
 利き足と遜色なく扱える逆足に、体勢を崩しながらでもインパクトを与えられるバランス。
 どれを取っても水準が高く、あらゆるシチュエーションのシュートが相手の脅威となる。
 トラップミスを無理やりねじ込む反転シュートなど、多少のイレギュラーも苦にしない。
 総合的にシュート能力を見た場合、全選手中でも最高峰という評価は決して大げさではない。

・そうした中でも際立った異彩を放つのが、驚異的ともいえる振り足の鋭さ。
 並みの選手ならディフェンダーのブロックが間に合う場面であっても、わずかな隙間を突き
 強烈なシュートを一瞬にして打ち切ってしまう。
 この傾向はダイレクトシュートにおいても顕著で、他の選手ならワントラップを挟むような
 タイミングのパスにも、難なく振り足を合わせてゴールに結びつける。

・最も得意とするフィニッシュパターンは、圧倒的な加速力を生かしたスペースへの抜け出し。
 動き出しの速さにマークの外し方、抜け出すタイミングには抜群のものがあり、追いすがる
 マーカーやカバーの動きはフィジカルで強引に跳ね除けていく。
 パスの勢いを殺さずドリブルに結びつける形も多く、ギャップから一気の加速で仕掛ける
 鋭い突破は、時にファウル覚悟のスライディングすら置き去りにする。
 浮き球のロングパスに同調して抜け出せば、落下点に入り込んで放つダイレクトボレーで
 長距離からでもゴールを脅かすことができる。

・クロスターゲットとしても信頼度が高く、ハイボールからグラウンダーボールにいたるまで、
 あらゆる球種を網羅する優れた対応能は秀逸。
 空中戦では打点の高いヘッドを武器に、ディフェンダーやキーパーとの競り合いを制して
 頭ひとつ分抜け出し、威力のあるボールをゴール隅へと流し込む。
 スピードを生かしたニアへの飛び込みも得意で、マークを置き去りにし、キーパーの予測を
 外す形でクロスを捉えていく。
 飛び込みながらのフロントボレーなど、ダイレクトシュートのパターンも豊富に取り揃え、
 ワントラップをはさむ場合でもクイックにねじ込む力がある。
 
・高さと強さ、巧さを生かしたアシストで周囲の得点力を引き出す能力も高い。
 下がってのゲームメイクはないが、高めに陣取ってのポストプレーはなかなかのもので、
 体を張ってロングボールを競り合い味方に落としていく。
 キープから敵を引き付けてのスルーパス、ドリブルで開いてからのクロスの質も上々で、
 味方の生きるタイミングをしっかりと把握できている印象がある。
 ワントップにもツートップにも柔軟に適応し、役割に応じたプレー選択で前線の核となる。

テーマ:WCCF - ジャンル:ゲーム

WCCF選手カード使用感 | 17:00:00 | Trackback(0) | Comments(5)
コメント
決定力のSPS、単独突破のWBEと良く聞いていましたがこの記事を読む限りその評価は正しかったようですね、全選手最高峰のシュートとは驚きました
2011-06-03 金 22:28:05 | URL | [編集]
マメーデさんのべた褒め、初めて聞いた気がします。確かに強力すぎる選手ですね。
一度も使用したことがなく、使うのが恐いくらいでした。
威風堂々がカッコイイので使ってみようか思案中でしたので、次こそ。
2011-06-04 土 00:23:57 | URL | 初 [編集]
思った以上にポストプレーの選択をする選手だと感じました。
3トップの中央なんですが、アシストしまくりです。それこそゴール数に近いくらい。

ただ、ベタ引きの相手には(別にトーレスだけのせいでは無いですが)苦戦中です。WBEの方が良かったりするんですかね・・・
2011-06-04 土 09:48:14 | URL | [編集]
これは好みですが、トーレスのゴールシーンにあまり爽快感が感じられませんでした  
アンリのゴールシーンは気持ちがいいから好きです 
これはシュートモーションとかゴールに至るまでのシュチエーション
フィジカルの違いからくるものなのでしょうか 

とりあえず最強の一枚と言っても差し支えなさそうですね
2011-06-04 土 12:51:14 | URL | チーノ [編集]
数値以上にスタミナがある、というところが人気選手らしい優遇のされ方だと思いました。
万能型のフィニッシャーとしてはベストと言える選手かもしれません。
2011-06-05 日 22:25:22 | URL | マメーデ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。